ビジネス・教育

日本の歴史江戸時代の虐待…せっかん死の親は打ち首

taoyaka

江戸時代には子供を虐待により、せっかん死させた親にはうち首の事例があります。児童虐待はいつの世にもあったのです。「かつては乳幼児死亡率も高く、『7歳までは神のうち』といわれて子供の死にあきらめの感情を持っていました。さらに、経済的な事情から堕胎したり、産んでも間引きをしなければならない状況もありました」、「だからこそ、親は育てようと決めた子供はかわいがり、注意深く大切に育てたとも考えられます」江戸時代に子供をせっかん死させた親への刑罰は原則として、打ち首でした。 わが子を慈しみ大切に育てるのが「善」ならば、まぎゃくの行いであるせっかん、つまり虐待は極刑に値する「悪」だったのです。そこには“法”の抑止力もある程度働いていた様子が浮かびます。親たちはいつごろから、どんな経緯で、わが子をたたいてしつけるようになったのでしょうか。しつけと虐待の境目が見えなくなったとき、抑止力を感じる親たちもいなくなってしまったように映ります。 たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

    • 08:25
    • 100 円

    【さくら国試サポート】看護国試2021必勝法ガイダンス!

    sakura-kokushi

    動画ご視聴ありがとうございました! 今後も質の高い看護国試対策動画を配信していこうと 思いますので、是非チャンネル登録お願いします! 登録はコチラ↓↓↓ http://www.youtube.com/channel/UCyCaIPopwX7fxxpfS5640fw?sub_confirmation=1 さくら国試サポートチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCyCaIPopwX7fxxpfS5640fw さくら国試サポートって? 元大手看護国試専門予備校講師  2017年 さくら国試サポートを設立 看護国試に必要な「基礎知識」を中心に、 点が取れるノウハウをお伝えしていきたいと思います!

      • 18:50
      • 100 円

      日本の歴史江戸のエコロジーリサイクル

      taoyaka

      1590年。初めて家康が江戸に入ったとき、当時の江戸は不毛のしっちたいに過ぎず、1603年。徳川家康が征夷大将軍になり、江戸に幕府を開きました。1867年。徳川慶喜により、大政奉還が行われました。この265年間を江戸時代といいます。この265年間、日本は外国から侵攻されることもなく、また、国内でもほとんど戦争のなかった平和な時代でした。そのため、この時代には、日本の経済や文化が独自の発展を遂げました。江戸の人口は、約100万人と推定されており、当時、世界最大の都市でした。現在の日本は、エネルギーの78%、食糧はカロリーベースで60%、木材の82%を海外からの輸入に頼っています。江戸時代の約265年間は海外からの輸入はほとんど無く、すべてを国内のエネルギーや資源でまかなっていました。つまり、化石燃料をほとんど使わずに、戦争のない時代を作り、素晴らしい文化を発展させた時代だったのです。 たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

        • 08:35
        • 100 円

        江戸時代に防災マニュアルは存在した

        taoyaka

        現在では目にする事も多くなった防災マニュアル。古くは江戸時代から存在して居た事はあまり知られていません。災害の中でも、今回は安政の大地震について取り上げてみたいと思います。既にその当時、有事用に整えられたマニュアルが存在したらしく、実際震災があった当日から各要所ごとで動いたと言う記録があります。 賞賛すべきは決断力です。当日中に対策方針が決まり、翌日には市民に公表されています。 たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

          • 06:18
          • 100 円
          ページのトップへ