日本の歴史江戸時代の虐待…せっかん死の親は打ち首

ボーダーライン
  • Avarage Rating
  • 評価gray
  • 評価gray
  • 評価gray
  • 評価gray
  • 評価gray
  • 08:25
  • period : 30days

江戸時代には子供を虐待により、せっかん死させた親にはうち首の事例があります。児童虐待はいつの世にもあったのです。「かつては乳幼児死亡率も高く、『7歳までは神のうち』といわれて子供の死にあきらめの感情を持っていました。さらに、経済的な事情から堕胎したり、産んでも間引きをしなければならない状況もありました」、「だからこそ、親は育てようと決めた子供はかわいがり、注意深く大切に育てたとも考えられます」江戸時代に子供をせっかん死させた親への刑罰は原則として、打ち首でした。
わが子を慈しみ大切に育てるのが「善」ならば、まぎゃくの行いであるせっかん、つまり虐待は極刑に値する「悪」だったのです。そこには“法”の抑止力もある程度働いていた様子が浮かびます。親たちはいつごろから、どんな経緯で、わが子をたたいてしつけるようになったのでしょうか。しつけと虐待の境目が見えなくなったとき、抑止力を感じる親たちもいなくなってしまったように映ります。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

more

2020-06-27 17:46:10 posted

  • embed code

sample video

There are no comments posted yet.