日本の歴史江戸のエコロジーリサイクル

ボーダーライン
  • Avarage Rating
  • 評価gray
  • 評価gray
  • 評価gray
  • 評価gray
  • 評価gray
  • 08:35
  • period : 30days

1590年。初めて家康が江戸に入ったとき、当時の江戸は不毛のしっちたいに過ぎず、1603年。徳川家康が征夷大将軍になり、江戸に幕府を開きました。1867年。徳川慶喜により、大政奉還が行われました。この265年間を江戸時代といいます。この265年間、日本は外国から侵攻されることもなく、また、国内でもほとんど戦争のなかった平和な時代でした。そのため、この時代には、日本の経済や文化が独自の発展を遂げました。江戸の人口は、約100万人と推定されており、当時、世界最大の都市でした。現在の日本は、エネルギーの78%、食糧はカロリーベースで60%、木材の82%を海外からの輸入に頼っています。江戸時代の約265年間は海外からの輸入はほとんど無く、すべてを国内のエネルギーや資源でまかなっていました。つまり、化石燃料をほとんど使わずに、戦争のない時代を作り、素晴らしい文化を発展させた時代だったのです。
たおやかインターネット放送HP:http://taoyaka.at-ninja.jp/

more

2020-05-30 17:01:16 posted

  • embed code

sample video

There are no comments posted yet.